韓国カラコンで目の負担が増えるならルテインもどうだろう

今では目の負担が増える環境も日常生活に当たり前のように存在しています。
スマホもその一つです。長時間見ていると疲れてきても当然です。ゲームもそうですね。
しかし、目に良いことをしようとしないんですよね。
面倒なことは後回し、もしくは考えないようになってしまってるのかもしれません。
確かに韓国カラコンは目に負担がかかるとか、失明が怖いとかいろいろ言われていますが、それでも付けたいなら着けるでいいと思うんですよね。どっちにしても自己責任なんですから。
もし、少しでも目に良さそうなものを考えるならルテインも一つの案としてはいいかなと。当然それについても個人によってどう判断するかは違うでしょうけどね。

みんカラのような16mmという大きさのものは酸素不足になりそうですがどうなんでしょうね。

ルテインは、植物に多く含まれている色素成分です。ほうれん草などの緑黄色野菜に多く含まれ、植物の光合成によって作られています。この成分は、目の健康を維持するために大きな役割を果たしてくれます。
そもそも現代人は、一日中、テレビやパソコン、スマートフォンから発せられる青い光を浴び続けています。この青色光は光線の中でも最も高いエネルギーなので、かなり目にダメージを与えています。それらのダメージを避けるためには、多くのルテインが必要になってくるのです。ルテインには、刺激を与える青色光を吸収するフィルターの役割を果たしてくれます。さらに、強い抗酸化パワーで 眼精疲労などのトラブルを予防してくれるのです。ですから、目の健康を守る為にも、緑黄色野菜やサプリメントなどで十分なルテインを摂ることが大事です。
副作用の心配をされる方もいますが、ルテインは自然のものに含まれる成分なので安全性に問題はないです。しかし、サプリメントで摂取する時には注意が必要です。天然のものは大丈夫ですが、石油を原料とした合成のものは腫れ、咳、喘息、胸焼けなどの副作用が起こる可能性があります。副作用が心配な場合は、サプリメントを利用する場合は天然のものを選ぶと良いです。

ただ、ホームページを見てる限り、そういう細かいことは分からないものなんです。
理由は分かりませんが、どこをどう比べればいいかがよく分からないんです。
困ったものです。そして新しいものや配合量が多いものや安いものなど、自分なりの決め事で買ってしまうんですね。メニールテインしかり、ルテイン&ビルベリーしかり、試してはっきり分かるものではないでしょうから、どれを信じるか次第でしょうね。